本年度の2回目のふれあい移動動物園は、熊本市立楠小学校にて、10月18日に開催。当日は大分マリーンパレスうみたまごより、水生生物のタッチプールとアルマジロがやって来ました。福岡のピクニカ共和国からは、モルモットやうさぎ、カメ、ハムスター、ハツカネズミ、ひよこなどの小動物とヘビもやって来ました!

そして男の子に大人気、カブトムシとクワガタを守る会より、たくさんの珍しいカブトムシやクワガタがやってきました。子ども達は、小動物とのふれあいブース・餌やり体験ブース・動物折り紙工作ブース・獣医師さんの体験ブース・飼育員さんたちによる動物クイズブース・タッチプール・かぶと虫クワガタブースなどを、学年別の班に分かれて、それぞれのブースを思う存分楽しんでいました。

震災後の子どもの心のケア、キャリア教育、命の大切さなど、動物と触れ合うことで多くを学ぶことが出来たのではないかと思います。

本年度のふれあい移動動物園事業はこれで終了となりました。

また来年度も、県内のどこかの学校で開催したいと思います。